住宅ローンの申し込み時の審査について

新しく住まいを買うために住宅ローンの申し込みをしたいけど、審査で断られそうという人がいます。住宅ローンは多額の融資を受けるサービスなため、審査を受けても落ちてしまうと思い込み、利用を尻込みしてしまう人も多くいます。しかし、利用できるかどうかは申し込んで実際に審査を受けてみないとわからない部分が多いため、臆することなく積極的に住宅ローンへ申し込むことをおすすめします。融資を受けられるか受けられないかの基準として、返済能力が最も重要な部分を占めます。これまでローンの延滞や債務整理をしたことがなく、返済実績があり、収入が常にあることが大事です。一般的に公務員や医師といった立場の人が住宅ローンを利用しやすく、続いて正社員が高く評価されやすい傾向にあります。企業経営者や自営業は、収入は高くても安定しているとは言い難いという判断になります。とはいえ、たとえ立場の安定した雇用形態や職業だとしても、収入が少なすぎれば審査に通らないこともあるため注意しておきたいところです。立場的にあまり自信がないというのなら、低金利の住宅ローンだけを提供する銀行を利用するよりも、やや金利の高い商品も揃えている銀行を選ぶという選択肢もあります。基本的にこの手の融資は、返済能力が高いと判断された人ほど低金利で契約しやすい仕組みになっています。住宅ローンを利用する時には金利が低いほうが利息が少なく済みますが、そのためには審査の内容がどうしても厳しくなりますので、どのラインで妥協するかが問題になってきます。ただ、ネット銀行であればその特性上、低金利を実現しやすい住宅ローンが揃っているため、やや条件の悪い人でも利用できる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です